東京都製本工業組合 産業個人情報保護体制認定制度 

印刷産業連合会 グリーンプリンティング制度 

SAPPS

SAPPS- 製本産業個人情報保護体制認定制度

2005年4月1日より施行された個人情報保護法は、日常生活の中で不本意に流通する個人情報を 守るために制定されたものである。

情報とは、主観的に知らせる「情」と客観的に知らせる「報」 を組み合わせたものである。本来、公表には積極的でない主観「情」の部分が、本人の意思 にも拘わらず流布し、被害を被ることが少なくない状況になってきた。 製本産業界では、古くから個人情報に係りがあり、専門職の責任とプライドによって守ってきた 個々の情報だが、近年発達するコンピューターを媒介とする情報洪水の中で、「情」も「報」も 区別無く反乱するようになった。当然、守秘しなければならない部分を含め、悪質な利用を謀る 存在によって精神的・物質的な被害の増加がおこり、法律の制定に至ったものである。

詳しくは東京都製本工業組合のHPをご覧下さい

​個人情報保護方針基本理念

   株式会社石原紙工は、皆様に安心と信頼を預ける、製本業務及びそれに付帯する業務 において、皆様の大切な個人情報を保護する事が、継続的な事業活動の基本であると共 に重要な社会的責務であると認識し、今後も引き続き個人情報の適切な取扱いに努めて まいります。

1、適切な取得

   皆様の個人情報は、ご本人に利用目的をお知らせするとともに、適切な手段により取得

  いたします。

2、個人情報の利用

  皆様の個人情報は、利用目的の達成に必要な範囲において取扱う措置を講じ、その範囲を

  超えての目的外利用はいたしません。

  利用目的の範囲を超えて、個人情報を利用する必要が生じた場合は、その旨をあらかじめ

  ご連絡し、同意をいただいた上で利用いたします。

3、個人情報の提供   

  あらかじめ、皆様からの同意をいただいている場合、及び法令等に基づく場合を除き個人

  情報を第三者に対して提供いたしません。ただし、個人情報を扱う業務を他に委託する場

  合があります。この場合、委託先に対する個人情報保護の契約を提携し、適切な取扱いが

  行われるよう管理・監督いたします。

4、安全管理措置   

  お預かりした個人情報は、必要な安全管理措置を講じ、漏洩、滅失又は棄損などを防止す

  るとともに是正に努めてまいります。

5、法令等の遵守   

  個人情報に関して適用される法令、国が定める指針及びその他の規範を遵守するとともに

  本方針並びに社内規定を整備し、適切な運用が実施されるよう管理します。

6、継続的改善   

  事業内容の変化及び事業を取り巻く社会環境・法令・情報技術の変化に対応して、個人情

  報取扱体制の見直しを行い、継続的な改善に努めてまいります。

7、苦情・ご相談及び開示等への対応に関すること

  個人情報に関する苦情やご相談、及び利用目的の通知、開示、訂正、利用停止などに関す

  るご質問・お問い合わせにつきましては、誠実かつ迅速な対応を行うよう努めてまいりま

  す。以下のお問い合わせ窓口までお寄せください。

[個人情報に関するお問い合わせ先]      

    株式会社 石原紙工 総務部          

    電話番号   03-3383-7393        

   eメール      order@ishihara-shiko.jp                                                                                                  株式会社 石原紙工               代表取締役 石原雅美

GPグリーンプリンティング認定制度とは

環境問題に対する社会的要求が高まり、印刷産業も環境に配慮した製品作りが求められて います。そこで、日本印刷産業連合会(略称:日印産連)では、印刷産業界の環境自主基 準「印刷サービスグリーン基準」を制定しました。グリーンプリンティング認定制度(略 称:GP認定制度)は、本基準を達成した工場・事業所を認定、環境経営に積極的な印刷 関連企業として推奨するとともに、同基準に適合した印刷製品にグリーンプリンティング マーク(GPマーク)を表示することにより、環境に配慮した印刷製品が広く普及するこ とを目的としています。

詳しくは日本印刷産業連合会のHPをご覧下さい

環境方針

㈱石原紙工は、全社員と共に、企業活動と地球環境との調和を目指し、 高い目標の環境保全に積極的に取り組み、良き印刷製本産業人として 社会的責任を果たしていきます。

1、当社は事業活動及び製品、サービスに伴う環境影響を特定し環境目的、目標を設定し、定期的に見直しを行い継続的な改善に努めます。(廃棄物をリサイクルに)

2、適用される法規制を遵守するとともに汚染の予防につとめます。

3、環境保全に取り組みリサイクルの配慮や廃棄物の削減、騒音等の環境負荷の削減に努めます。

4、省エネ、省資源を推進し資源の有効活用に努めます。 (電気制御装置の導入、契約ワット数の削減)

5、グリーン製品の開発に努めます。

6、環境配慮資材の優先購入に努めます。

7、従業員への環境教育を実施し環境意識の高揚に努めます。

8、環境方針を公開します。